一年間ありがとうございました。

こんにちは。西城でございます。
皆様のご協力と支えがありまして、この度、無事に一年間の任期を終え、宮城野高等学校PTA会長職を退任することとなりました。
これもひとえに会員皆様のおかげでございます。
感謝いたします『ありがとうございました』。
今後は、永見新会長主導のもとで、会員皆様一人一人が手を取り合い、今まで以上にバイタリティー&オリジナリティー溢れる宮城野高等学校PTA創出へ向けて、進んで行って下さいますようお願い申し上げます。
P(パット)
T(楽しく)
A(集まろう)
の気持ちで!

本来なら、総会の場において、皆様へ対し、自分の口から挨拶と言う名の『お礼』を申し上げたかったと言うのが本心なのですが、如何せんこの新型コロナウイルスの影響での現状。
どうかご理解下さい。

今後の事に関して、正直なところPTAどころではないとの気持ちも沢山あると思います。
正直、私も会社員で日々の業務をこなすため出勤しておりますが、そのリスクを考えると、正直、精神的にしんどいです。
イライラや不安もたまりに溜まってます。

しかし、やはり我が子達の学校活動における多くのサポート。
そして、一人の教育者として我が子を育て上げるうえでも、PTA不要論も囁かれる昨今ではありますが、私は今後もPTAと言う組織は、必要不可欠であると考えます。
多種多様な価値観の存在、時代とともに変化する地域コミュニティや生活環境。
その中で生き抜く為、相互に支え合う存在が必要となります。
今はまだ、新型コロナウイルスにより、なかなか自由も効かない厳しい状況です。
無理のない範囲で(決して無理する必要はございませんので)、今後とも宮城野高等学校PTAに対して、ご理解とご協力下さいますようお願い申し上げ、私からの退任の挨拶とさせて頂きます。

『この一年間、本当にありがとうございました』。